盗聴器・盗撮器発見調査

wiretapping

現在、日本全国で15万個以上の小型盗聴器が出回っているともいわれ、一般の電気街でも多種多様の盗聴器が販売されています。秋葉原などの電気街に行けば、身分証明なしで簡単に盗聴器が入手できる、これが日本の実情です。「テレビ番組の話で私には関係ない」と思っていても、趣味や興味本位で盗聴器を仕掛ける、ストーキングのために利用する、企業内部情報を得るスパイ行為のために使うなど、実はさまざまなところで盗聴器が仕掛けられている可能性があるのです。

ストーキングでは、特に賃貸マンションで前入居者が盗聴器を仕掛けて出て行くことも多く、入居時の調査がもっとも効果的で危機管理面からも調査をお薦めします。また企業では多くの人が出入りしているため、どこにでも盗聴器を仕掛けられる可能性が高く、定期調査をお薦めしています。盗撮・盗聴器を仕掛けるのは当然ながら犯罪です。巧妙に仕掛けられた盗聴や盗撮機器を発見するのは容易なことではありません。また盗聴器もデジタル式盗聴器などが登場し、テレビ番組で紹介されているように簡単には見つからなくなっています。

「なにわ総合調査」は、「調査のプロ」としての経験から盗聴・盗撮機器を仕掛けられそうな場所を特定し、また一般で販売されていないプロ用の特殊な探知機を使って、盗聴・盗撮機を排除していきます。

「なにわ総合調査」は調査後のアフターフォローにも配慮しています。ご希望があれば弊社の顧問弁護士、司法書士、行政書士をご紹介し、問題を解決するまで応援させて頂きます。

Copyright© 2013 なにわ総合調査株式会社 | 問題の解決はまず相手を知るのが基本。まずはお気軽にご相談ください。 All Rights Reserved.