行方調査

search

一口に行方といっても「家出した家族を探したい…」「お世話になった方の行方を知りたい…」「借金をしたままどこかに行った人を探し出したい…」などなど、動機も調査する相手もさまざま。しかし、例えば家出の場合、家出人の捜索願いの届出数だけでも毎年8万人以上、自殺者数も3万人以上に上る時代にあっては、警察も捜索願いの届出は受理してくれても、誘拐や事件性の可能性がない限り、本格的な捜査が出来ないのが現状です。

人間関係も複雑化し個人情報の厳しい世の中においては、限られてた情報から探す手がかりすら掴めないのが現実です。家出や行方不明はご家族だけで悩んでいても解決はしません。手がかりなどの情報量が多いほど調査料金も安価となります。時間が経ち事件やトラブルに巻き込まれる前に、一刻も早くプロの判断と豊富な知識が必要です。

また、騙された、借金などを返済しないで姿を消した相手を見つけたいといった調査も、手持ちの情報だけでは、所在判明には至らないのが現状です。情報は鮮度が命、月日が経てば経つほど解決には繋がらなくなります。早く相手の居所を探して、法的な手続きを進めることも必要です。手がかりとなる情報が少ない調査こそ、私たち調査のプロ=「なにわ総合調査」にまずはご相談ください。

「なにわ総合調査」は調査後のアフターフォローにも配慮しています。ご希望があれば弊社の顧問弁護士、司法書士、行政書士をご紹介し、問題を解決するまで応援させて頂きます。

Copyright© 2013 なにわ総合調査株式会社 | 問題の解決はまず相手を知るのが基本。まずはお気軽にご相談ください。 All Rights Reserved.