人物調査

person

昔のようにお見合いで結婚、知り合いの口利きで結婚といった時代であれば、相手はどのような人であるかは分かります。しかし、今は携帯やパソコンの出会い系サイトで知り合った人と、いきなり結婚!などというケースさえあります。携帯電話の普及により親ですら付き合っていた事実も知らなかったという話も多い世の中です。相手の名前しかしらない場合も多く、結婚相手を調べようにも、時として偽名を使われていたり、中には妻子がいた、現住所がマンスリーマンションだったなど、以前では考えられない事実も珍しくありません。

たとえ身元が分かっていても、漠然とした不安を感じるという相談もよくあります。離婚件数は年間25万組を超える中で、離婚に関しても男女ともに1位には性格の不一致が上げられており、結婚後に結婚前には知らなかった性格や人物像を知ることも多いようです。結婚後に発覚する新たな人物像や相手の癖などは、調査の段階で分かることも多いのです。

結婚後に問題が分かって離婚にいたるリスクは計り知れず、まずは人物調査をしておくべきでしょう。相手のことを知りたいといっても、その範囲は広く依頼者によってまちまちです。ただ差別調査になることはお調べできません。まずは知りたい範囲によって調査期間や金額も変わってきます。私たち調査のプロ=「なにわ総合調査」にご相談ください。一生の幸せのために「なにわ総合調査」がお手伝をいたします。

Copyright© 2013 なにわ総合調査株式会社 | 問題の解決はまず相手を知るのが基本。まずはお気軽にご相談ください。 All Rights Reserved.