嫌がらせ調査

harassment

ストーカーやいじめ同様、近年急増しているのがさまざまな「嫌がらせ」行為。ニュースなどでも報じられた「騒音おばさん」や「ごみ屋敷」、近隣からの覗き見などの問題はストーカーやいじめ同様、確実な証拠がなくては警察も対応はできませし、法的な対応をとることもできません。嫌がらせ調査でも必要なのはやはり証拠を得ること。依頼者の安全を図った上での徹底的な調査は、やはり私たちのような「調査のプロ」にしかできません。

お隣さんのことは何も知らない…隣家の家族の顔も知らない…などなど、地域住民の繋がりや連帯意識が希薄になった現代においては、残念ながらこうした嫌がらせが大きな事件に繋がるケースがあります。反面、嫌がらせを受けていると思っていても、実は自身が誤解していただけ、というケースも少なくありません。どうかご遠慮なく「なにわ総合調査」にご相談ください。ご相談内容と類似したケースをご紹介しながらアドバイスをさせていただくことで、自分自身の思い込みが原因だったと気が付かれるケースもあるのです。問題解決の第一歩は相談から始まります。

「なにわ総合調査」は調査後のアフターフォローにも配慮しています。ご希望があれば弊社の顧問弁護士、司法書士、行政書士をご紹介し、問題を解決するまで応援させて頂きます。

Copyright© 2013 なにわ総合調査株式会社 | 問題の解決はまず相手を知るのが基本。まずはお気軽にご相談ください。 All Rights Reserved.